NewsTopics

【音楽】1977年に発売されたアルバム・ベスト73 (uDiscoverMusic) [湛然★]

投稿日:

1 :湛然 ★:2022/05/11(水) 00:02:13.63 ID:CAP_USER9.net
1977年に発売されたアルバム・ベスト73:45年前に生まれた名盤たちをランキング【動画付】
Published on 5月 7, 2022 Written By Sam Armstrong uDiscoverMusic
https://www.udiscovermusic.jp/stories/best-1977-albums

1977年は音楽界、特にロックにとってきわめて重要な年だった。まずはパンクの流行と、そこから派生したさまざまなジャンルの発生が挙げられよう。
その影響は、ザ・クラッシュ、ザ・ラモーンズやイギー・ポップ、そしてセックス・ピストルズといった先駆者たちはもちろん、エルヴィス・コステロ、トーキング・ヘッズやザ・ジャムといったニュー・ウェイヴの新顔、さらにはスティーリー・ダンの『Aja (彩 [エイジャ] ) 』のようにジャズを取り入れた作品にまで及んでいる。

一方でプログレッシヴ・ロックは新たな地平を広げ、カンサス、ELO、ラッシュ、スティクスらがリスクを承知で独自の新たなスタイルを打ち出した。そしてキッスやAC/DC、ジューダス・プリーストなど、ロックのヘヴィな側面を強調したバンドも増えていく。
そしてディスコも爆発的に流行。その火付け役はビー・ジーズをフィーチャーした映画『サタデー・ナイト・フィーバー』のサウンドトラック・アルバムだった。またパーラメントやアイズレー・ブラザーズといったファンクを取り入れたアーティストも登場。(※中略)
1977年の傑作アルバムの多くは、ほとんどすべてのジャンルに劇的な変化をもたらし、来るべき次の10年の礎を築いたと言っていいだろう。そんな45年前の傑作をランキング形式でご紹介しよう。

1位:フリートウッド・マック『Rumours (噂) 』

2位:デヴィッド・ボウイ『Low』/『Heroes』

3位:スティーリー・ダン『Aja (彩 [エイジャ] ) 』

4位:セックス・ピストルズ『Never Mind the Bollocks, Here’s the Sex Pistols (勝手にしやがれ!!) 』
5位:クラフトワーク『Trans Europe Express (ヨーロッパ特急) 』
6位:ビー・ジーズ『Saturday Night Fever Soundtrack』
7位:ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ『Exodus』
8位:コンゴス『Heart of the Congos』
9位:トーキング・ヘッズ『Talking Heads 77 (サイコ・キラー’77) 』
10位:パーラメント『Funkentelechy vs. The Placebo Syndrome』

11位:メイズ feat. フランキー・ビヴァリー『Maze featuring Frankie Beverly』
12位:エルヴィス・コステロ『My Aim Is True』
13位:ジャクソン・ブラウン『Running on Empty (孤独のランナー) 』
14位:クイーン『News of the World (世界に捧ぐ) 』
15位:ミートローフ『Bat Out of Hell (地獄のロック・ライダー) 』
16位:ウェザー・リポート『Heavy Weather』
17位:アイズレー・ブラザーズ『Go For Your Guns』
18位:ラモーンズ『Rocket to Russia』
19位:テレヴィジョン『Marquee Moon』
20位:ザ・クラッシュ『The Clash (白い暴動) 』

21位:ナタリー・コール『Unpredictable』
22位:グレイス・ジョーンズ『Portfolio』
23位:ジョルジオ・モロダー『From Here to Eternity (永遠の願い ? フロム・ヒア・トゥ・エタニティー) 』
24位:エレクトリック・ライト・オーケストラ『Out of the Blue』
25位:ジュニア・マーヴィン『Police & Thieves (ポリスとコソ泥) 』
26位:ミリー・ジャクソン『Feelin’ Bitchy』
27位:ピーター・ガブリエル『Peter Gabriel 1: Car (ピーター・ガブリエル1) 』
28位:イギー・ポップ『Lust for Life』
29位:レーナード・スキナード『Street Survivors』
30位: アース・ウインド&ファイアー『All ‘n’ All (太陽神) 』

(※31位以下は省略、詳細は引用元サイトをご覧ください。)

1位:フリートウッド・マック『Rumours (噂) 』
フリートウッド・マックの『Rumours (噂) 』は、現在も1977年当時そのままに多くの聴き手に愛されている不朽のロック・アルバムだ。ここで聴ける「The Chain」、「Dreams」、「Go Your Own Way (オウン・ウェイ) 」は今もなお聴き手の心に強く訴えかける。

94 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 09:01:11 ID:HF0JGVVT0.net

矢沢永吉『スーパーライヴ 日本武道館』が無い。

やり直し

125 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 15:11:44 ID:3qwcH0mP0.net

日本のにしてくれ

2 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 00:02:23.85 ID:F+k42n6s0.net

2位:デヴィッド・ボウイ『Low』/『Heroes』
デヴィッド・ボウイが残した有名なベルリン3部作の、それぞれ1作目と2作目に当たる『Low』と『Heroes』は、1970年代屈指の完成度と探究心を誇るロック・アルバムだ。
ボウイには、『Low』に収録された「Art Decade (アートの時代) 」の夢見るようなアンビエントな音の世界を表現することも、「Heroes」のようなギター・ロックのアンセムを作ることも可能だった。怖いもの知らずの実験性とポップ・ミュージックに対する鋭い嗅覚を大胆に融合させることで、ボウイは1977年を席巻したのだった。

3位:スティーリー・ダン『Aja (彩 [エイジャ] ) 』
『Aja』は、ジャズの影響を強く滲ませたロック・アルバムの傑作。そのサウンドのすばらしさは、1977年にリリースされたアルバムの中でも群を抜くものだった。

130 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 17:09:18 ID:iz0urR/l0.net

>>70
確かに

136 :名無しさん@恐縮です:2022/05/12(木) 06:40:34.16 ID:kQNjBufX0.net

>>131
いや間違ってる
テイラースイフトなんか
ぼろもうけ
ブルーノマーズも

62 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 02:45:52 ID:wrUslhFR0.net

挙がってないとこだとMOTORHEADの1stも1977年だよな

23 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 00:26:28.55 ID:+XzL2Wxa0.net

名盤ばっかりだな

47 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 01:05:00.55 ID:cXKmgJWJ0.net

洋楽最高レベルの年は1982年、異論は認める

119 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 12:49:47.50 ID:U2KCTIlj0.net

1位はPINK FLOYDのANIMALSだろ、普通。

102 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 09:53:16.70 ID:YXp5Kgku0.net

イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」はこれ以前だったっけ

120 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 13:28:53.91 ID:KLTbcfsm0.net

>>73
ランキングを見てボストン入ってないじゃんと思ったが
1976年だったか。

29 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 00:32:49.67 ID:GgGF6k660.net

いつも思うが
73枚選ぶだけで良いのに
なぜわざわざ順位付けるのか

何を基準にポイント付けてんの?
バッカじゃねえの

176 :名無しさん@恐縮です:2022/05/14(土) 13:08:02.86 ID:O0K6ezh90.net

ピンクレディ一択じゃね

25 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 00:29:55.61 ID:N4hJT3WW0.net

ピンク・フロイドは1977はリリースなかった?

61 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 02:44:00 ID:ufKfN2iq0.net

クラプトンのslowhand、やけに低い

143 :名無しさん@恐縮です:2022/05/12(木) 17:40:20.46 ID:Gm7/FTr80.net

Queenがないやん

134 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 19:51:49.44 ID:tgxjMNzf0.net

あーなるほど…元の年別特集から77年だけ切り取ってきたのか

50 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 01:23:31.12 ID:aAda/6UE0.net

>>47
1982年ならMarshall Crenshaw(何で日本では人気ないんだろ)
https://www.youtube.com/watch?v=YKZkhdvSNSI

142 :名無しさん@恐縮です:2022/05/12(木) 17:37:16.06 ID:16yhTi2I0.net

イアン・マクドナルドはもう…(´;ω;`)

87 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 06:20:33.45 ID:R3en9N/Z0.net

>>47
1982だと
Steve Miller Band / アブラカダブラ
J. Geils Band / 堕ちた天使
Quarterflash / ミスティーハート
Rick Springfield / ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー
Air supply / さよならロンリーラブ
The Go-Go’s /ヴァケーション
TOTO / ロザーナ……などなど良い時代だったなあと思う

1977は…重たいロックというか洗練されてないイメージ

179 :名無しさん@恐縮です:2022/05/14(土) 17:33:43.85 ID:veKR7OBD0.net

プッ

89 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 06:48:11.07 ID:FySlbHG10.net

ジョニのドンファンのじゃじゃ馬娘が無いなんて

104 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 10:06:18.99 ID:YXp5Kgku0.net

>>103
日本の一般人のスティーリー・ダンのイメージ=ジョジョ三部での数Pブチ抜きのオラオララッシュw

106 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 10:24:26 ID:wGJR1jy/0.net

1位:フリートウッド・マック『Rumours (噂) 』
こいつの良さが分からない

28 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 00:31:31.23 ID:QM+SPlqx0.net

Billy Joel – The Stranger
Chuck Mangione – Feels So Good
The Doobie Brothers – Livin on the Fault Line
George Duke – From Me to You
Heart – Little Queen
Jackson Browne – Running on Empty
James Taylor – JT
Kenny Loggins – Celebrate Me Home
Lee Ritenour & His Gentle Thoughts – Sugar Loaf Express
Michael Franks – Sleeping Gypsy
Valerie Carter – Just a Stone’s Throw Away

100 :名無しさん@恐縮です:2022/05/11(水) 09:47:18.36 ID:oijio9rS0.net

73枚というのが中途半端な数字だね

140 :名無しさん@恐縮です:2022/05/12(木) 16:55:22.32 ID:48TwrTJI0.net

昔のフォリナーより今のフォリナーの方がかっこいい

137 :名無しさん@恐縮です:2022/05/12(木) 07:40:20 ID:GHk8PxQn0.net

12位エルヴィス・コステロ

思ったより古くから活動してたのと、思ったよりメジャーな人気あったのにびっくり。

178 :名無しさん@恐縮です:2022/05/14(土) 15:04:50 ID:TRUQnp+G0.net

>>157
時々思い出したように四つ打ち入れてくるけど音自体は泥臭いしファンクに分類した方が自然だな

153 :名無しさん@恐縮です:2022/05/13(金) 09:08:20.69 ID:5getVgA10.net

>>1
60年代の歌手が結構強いんだなぁ
ボウイさすが。

カブトムシとかフーとかクリームとかそういうのはすっかり消えた頃なんだな

-NewsTopics

Copyright© 『The News Post』(νポス) , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.